読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウォンバットのうきうきくらし手帖

30代技術系OLとウォンバットが送る、日々をうきうきすごすためのヒント集です

Sponsored LINK

プレゼントに添える想いはシンプルに、スマートに



こんにちわ。水野アキです。

みなさんは人にプレゼントを渡すのは好きですか?

プレゼントって選ぶときもドキドキするし、渡す瞬間もドキドキするし、開けた瞬間の相手の顔をみるのもドキドキしますよね。

今では贈るのもいただくのも大好きなプレゼント、以前は贈ってもちょっと苦しいなと思っている時期がありました。

わたしの場合、それは片思いの人に渡すプレゼントが苦しかったです。

何でプレゼントを渡すと苦しく感じてたのか?

見返りを求めてたからです。

片思いの相手には主に出かけた時のおみやげや誕生日のプレゼントなどをあげていたのですが、「これを贈ったら好感度UPするかも」くらいに思ってましたね。当時は。

もちろん、相手が喜ぶものを贈りたいっていう純粋な気持ちがありましたが、それ以上に好意の見返りを求めていました。

  • 誕生日にプレゼントしたからわたしの誕生日も祝ってくれるかな?
  • お土産渡したから相手がどこか行ったらお土産くれるかな?

などと返してもらいたい好意を妄想するだけして、それが叶わないと勝手に落胆したりしていました。今考えるとおろかしい。そしてかわいい。でももったいない。

どうすればプレゼントが楽しいものになるのか?

タイトルの通り、プレゼントに添える想いをシンプルにすることです。

贈る相手に喜んでもらえますように、という気持ちだけで良いのです。

相手の喜んでいる顔やリアクションを想像したらそれだけで嬉しい。そんな想いを第一に考えましょう。

でもこれはしたらNGだと思うよ

「自分が贈りたいから」「だって好きだからいいでしょ」というシンプルな想いは良いのですが、相手の方の背景など考えずに物を贈るのは喜ばれるかどうかって考えると多分喜ばれないと思います。

その人の価値観によって、どのくらいの価格のものをどんな頻度でいただいたら嬉しいのかというのは大きく違ってきます。

それをきちんと知る前から「あの人が欲しがってたから!」と物をぼんぼこ贈ってもそれが相手に本当に喜ばれるかどうかはわからないのです。


大事な人へのプレゼントに添える想いはシンプルに、そしてスマート贈りたいですね。

みなさまのプレゼント選びが楽しいものになりますように。
ホテルラウンジ 写真

-----

◆この記事は水野アキが書いてます