ウォンバットのうきうきくらし手帖

好きなことを好きなだけ書いてる

Sponsored LINK

成果を出している人・成功している人の共通点を見つけた



この1年は本当に色々な人に出会いました。

いくつになっても美しい人、ふつうのOLでは想像つかないくらい稼いでる人、パートナーといつまでもラブラブな人、ふしぎな力のある人。

共通点って何だろう?

全員の共通点は成功者であるということ、成果を出しているということ、そして経済的に豊かであるということ。

それ以外にも絶対何かあると思い、さらに考えてみました。

お金 チョコレート 写真

成果を出している人・成功している人の共通点

それは、素直である、ということです。 

守破離が身についている。

守破離(しゅはり)は、日本での茶道、武道、芸術等における師弟関係のあり方の一つ。日本において左記の文化が発展、進化してきた創造的な過程のベースとなっている思想でもある。個人のスキル(作業遂行能力)を3段階のレベルで表している。

まずは師匠に言われたこと、型を「守る」ところから修行が始まる。その後、その型を自分と照らし合わせて研究することにより、自分に合った、より良いと思われる型をつくることにより既存の型を「破る」。最終的には師匠の型、そして自分自身が造り出した型の上に立脚した個人は、自分自身と技についてよく理解しているため、型から自由になり、型から「離れ」て自在になることができる。

武道等において、新たな流派が生まれるのはこのためである。

個人のスキル(作業遂行能力)をレベルで表しているため、茶道、武道、芸術等だけでなく、スポーツ、仕事、勉強、遊び等々、世の中の全ての作業において、以下のように当てはめることができる。

守:支援のもとに作業を遂行できる(半人前)。 ~ 自律的に作業を遂行できる(1人前)。
破:作業を分析し改善・改良できる(1.5人前)。
離:新たな知識(技術)を開発できる(創造者)。

Wikipediaより

どの段階で守から破になるか、さらに離になるのはいつか等のタイミングはありますが、まずはひたすら守なんです。守守守ってくらいに教わったことは素直にそのまま実行する。

成功者から教わったことを素直に受け止めアレンジを加えずそのまま実行する。
人を疑わない。

これって簡単なようで難しいです。
少しは成功しているけれど、どこかつき抜けきれていない人や上手くいかない人は大体、守が出来ていなかったり他人を信用していないような気がします。

 

素直に、照れずに、かわいく生きて、さらに成果を出せたら最高だなーと思うので、わたし自身も守の精神はいつまでも忘れずにいたいです。

-----

◆この記事は水野アキが書いてます