ウォンバットのうきうきくらし手帖

好きなことを好きなだけ書いてる

Sponsored LINK

全部つながったんだよ



◆ ただいま募集中のメニュー ◆
人生を動かすことばをあなたに 💫 対面セッション

 

神殿プロジェクト補完セミナーというものに行ってきた。
杉本真由美さんと、竹庵顕さんが主催。

杉本真由美さんとは去年ご縁があって都内某所で出会った。
”ふりこよみ”を仕事にしてますとのことで、少しだけ読んでもらった。


トラウマバスターということをお仕事にしているひとはネットで調べるとそれはもうたくさんいる。

トラウマというものは他人のエネルギーワークで和らげることは出来ても、本人が自覚して乗りこえる意思を持たないとどうにもならないと個人的には思う。
真由美さんはエネルギーワークも自覚を促すことも同時にするの。

去年ふりこ読みを少しだけしてもらったときにすごいなって思った理由がこれ。


夏に本当の自分とつながるワーク っていうのを教わった。
バッチリつながってる感はあるけど、どこかちょっと自分の中の自分がさみしがってるなーと感じていた。


Facebookで真由美さんが発信してる神殿プロジェクトについてを読んで、コレだ!って思った。

座学だけじゃなくて、実践ワークもあったり、真由美さんの5分間ふりこよみもあったりして、3時間半のセミナーはあっという間だった。

神殿 写真

参加者のひとがふりこよみを受けてるときに、自分が感じてた神殿の綻びって何だろうっていう答えにリンクしてる相談をしてる人がいて、そこから涙がバーーーっと出てきて、自分が恐怖に感じてたこと、見てみぬふりをしてたこと、乗りこえるべき課題が、その5分の間に一気に降りてきた。

それでもう、自覚できちゃったから自分からは質問をしなかったんだけど、ランチをご一緒させてもらったときに、自分が参加した理由と、見つけた課題を真由美さんに言ったら、やっぱりその通りだった。


『去年、あの人たち、あの場に触れてそれを取り込んでるのに、こんなヌルい状態にいるのはおかしい!』って生き生きとした顔で言われた。

その通りすぎる。真由美さんに次にお会いしてるときはヌルくないわたしでありたい。

 

神殿プロジェクト

自分の中の神とつながる『神殿プロジェクト』 - やじるし屋
-----

◆この記事は水野アキが書いてます