読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウォンバットのうきうきくらし手帖

30代技術系OLとウォンバットが送る、日々をうきうきすごすためのヒント集です

Sponsored LINK

やりたい事を覚えられなくなってきたのでタスク管理をアプリでやってみた



こんにちわ。ak1(アキ) です。
毎日やらなければならない事や予定があるのに日に日に脳内だけでは処理できなくなっています。
 
Ever noteやiPhoneのリマインダーなどを使って管理しようとしたこともありますが、いろいろな機能があって使いこなせないのと、イマイチ面白さが足りなかったので、シンプル・かんたん・かわいいもので管理出来ないかとアプリを探してタスク管理をしてみることにしました。 
 

使用したアプリはQuick Memo+

もともと、PCの画面に付箋紙を貼るソフトを使っていたのでこれなら感覚的に使えるかなーと思いました。
 

Quick Memo+の使い方

画面下にある使いたい付箋をボードにドラッグしてきて、立ち上がる入力画面に文章を入力するだけです。
付箋の右のところはチェックも入れられます。
また、付箋の色や柄はカスタマイズできます。
ユーザーが作ったものをダウンロードしたりも出来るので、シンプルに使うことも出来るし、とことんかわいくとかも出来ます。
 

実際にQuick Memo+を使ってみた

先週の木曜〜金曜にかけてやる事を書き出しました。
日付もつけてみました。
土曜日はオフ会に参加する予定だったのでそのための準備を書いたり、その日にある予定を書いたり。
アプリでタスク管理 iPhoneスクリーンショット画像
 
チェックを入れられるのが地味に便利です。
やる事が終わった時にチェックを入れると何だか達成感があるので楽しいです。
 

デジタルとアナログを上手いこと使い分けていきたい

平日は割とiPhoneをがっつり使ったり眺めていたいですが、休日に家にいる時はどちらかというとあまり手にしたくない時が多いです。
そんな時はアナログで、紙の付箋にやることリストを書こうかなーと思います。
あとは、何かの作業に集中したい時も、iPhoneを触ってそれが途切れるのが嫌だからアナログにするだろうなー。
 
デジタルとアナログをバランスよく使いこなして、時間の使い方やタスク管理を上手にしていきたいと思います!
 

関連記事

-----
◆この記事は水野アキが書いてます