ウォンバットのうきうきくらし手帖

好きなことを好きなだけ

Sponsored LINK

行動や思考を受動的→能動的にするとびっくりするくらい心が軽くなる



こんにちわ。水野アキです。

先月から訳あって自分の会社ではないところで働いています。

自分の会社ではないところで働く時に気になる点はこんな感じでしょうか。

  • 通勤時間はいつもの倍
  • 朝出る時間はいつもより1時間早い
  • 期間が定まっておらずいつまで続くのかわからない

普段は静かに元気な私もさすがに精神をゴリゴリと削られてしまい、ブログの更新とかする気にならないよってなってました。

 

ちなみに絵とか描けば気分転換になるかなと思って通勤中に絵を描いてみましたが車の中で酔いました。 これがその絵です。

ak1がむしゃくしゃしたときに描いたイラスト

そんなこんなで、大分長い間、うつうつとした気分で過ごしていましたが、今日、ふと心が軽くなったので自分の中で何が起きたんだろうと思い返してみたらわかりました。

自分から行動するようにしてみた、ただそれだけでした。

 

自分から行動すること(=能動的)がいい理由

やらされてる感が無くなります。

言われた事をただやるのは楽だけど、強制されてるなーと少しでも感じてると嫌になりませんか?

自分の中にやらされてる感(=受動的)があると何で自分がこんな目にあうんだろう、とか自分ばかり損な役回りをさせられているという考えに陥りがちです。

 

自分発信することで起こる心境の変化

何かを自分からやってみる、または自分からやろうと考える(=能動的になる)ことで、やらされてる感よりも、自分が発信した事を相手に伝えたいとか達成したいという気持ちが強まってやらされてる感が薄れます。

 

難しくないことからやればいい

思考も気分も受け身になっている時は自分から何かをしようと思うのはなかなか大変です。
なので難しくないことからやってみればいいと思います。
 
挨拶を少し大きい声でしてみるとかそんなん。いつもの自分の少し違うことをしようとしてる思考がすでに能動的。すごい。いつもよりも大きな声で挨拶すれば成功。小さな成功をきっかけにすれば良い。
 
 

わたくし水野アキの場合はこうした

仕事をしていて気になったことやこうした方がいいんじゃないかなって思ったことを職場のひとに伝えるようにしました。
 
今までは支持されたことをやっていただけでした。言われた事は相手の満足いくレベルに出来ていたので日々の業務に特に問題は無かったものの、冒頭で書いたように気分が落ち込みまくってました。
 
今朝はこういうものがあった方がもっと便利になるし自分の仕事も楽になるんじゃないかなというアイディアを昨日思いついたので、それを自分から提案してみたら、採用されました。
 
アイディアが採用されるようにするにはどうすればいいのかという事をを考え始めてから、気持ちが軽くなりました。そして自分の中にあった「やらされてる感」を感じなくなりました。
 
あんなに毎日が嫌だったのに、来週からの出勤は嫌じゃなくなりました。
自分の行動や思考を受動的なものから能動的なものに切り替えたからです。
 
同じような思いを抱えている方の心が少しでも軽くなるヒントになればと思い、書きました。
 

 

関連記事

筋トレもくさくさした気分がをすっきりさせるのでおすすめです。

66g.hateblo.jp

 

-----
◆この記事は水野アキが書いてます