読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウォンバットのうきうきくらし手帖

30代技術系OLとウォンバットが送る、日々をうきうきすごすためのヒント集です

Sponsored LINK

スマホで絵を描く方法~PCやペンタブが無くてもスマホがあれば絵は描けるよ!

『くらし』のヒント 『くらし』のヒント-豆知識


 
こんにちわ。水野アキです。先日参加したオフ会で絵を描くツールについての話になったので、私が普段どんな方法で絵を描いているか紹介させていただきます。
 

やる気が中途半端にあるけど実行へは移していなかった頃のこと

オリジナルのイラストを描いて、自分のブログに載せたいなーそしたらめんどくさいことも少ないし何より自分好みのウォンバットを描けるよなーでもペンタブ無いしどうしようかなーとか考えてました。
ある時、ツイッターでスマホでイラストを描いているという方のツイートがまわってきました。
twitter.com
スマホでも自分の描いた絵の線を抽出してデータにしたり、色塗ったり出来るのか!とびっくりしました。やりたいけどやれないなーとか、環境のせいにしてうだうだしてると思考停止してしまうなーと痛感。調べればいっぱい出てくるのに。
 

 アプリを実際に使ってみます 

今回は、シャープペンで書いたラフなものをそのまま使って、主線などもアプリで描いてます。(Twitterでは主線まできっちり描きこんで、それをアプリで線のデータにして色塗りをアプリでやっています。)

 

先日、ブログアイコンを作成したのでそれを例にして説明していきます。

使用するアプリは2種類

『CamScanner』と『ibisPaint X』です。

どちらも無料版です。アンドロイドでもiPhoneでも使えます。

f:id:ak66g:20161012203125j:image f:id:ak66g:20161012203332j:image

 

1.まずは紙に絵を描く

紙に絵を描いてそれをスマホのカメラで撮影します

スマホでイラストを描く方法 下書きの写メ
 

 2.『CamScanner』を起動

 f:id:ak66g:20161012203446j:image
 

右下のアイコンをタップしてアルバムの写真を選ぶ

アプリを立ち上げるとマイドキュメントの画面になります。(画像は私がいままで取り込んだものがあるので表示されていますが、新規だと何も表示されないはずです)
スマホでイラストを描く方法 CamScanner立ち上げ時画面 画像
 

増強・鮮明化を選ぶ

スマホでイラストを描く方法 CamScanner画面 画像
そうすると、カメラだ撮っただけの画像よりも背景が白くなり、線がはっきりとしたのがお分かりになると思います。
下に並んでいるアイコンのいちばん右のチェックマークのアイコンをタップして保存します。

出来上がったデータをアルバムに保存する

データが保存されると、下に並んでいるアイコンの種類が変わります。
左から、回転・マーク・認識・メモ・モットになってるのではないでしょうか。
この一番右にある「もっと」をタップすると以下のような画面が出てきます。
スマホでイラストを描く方法 CamScanner保存画面 画像
「アルバムへ」をタップすると線のデータがアルバムに保存されます。
 

3.『ibisPaint』を起動

f:id:ak66g:20161012203512j:image

マイギャラリーをタップして新しいデータを作る

スマホでブログを各方法 ibisPaint 立ち上げ時 画像
「まだ何もありません」的なメッセージが出てくると思うので、下に並んでいるアイコンの一番左にある「+」のアイコンをタップし、画像サイズを選んで新しいデータを作ります。
 

画像サイズを選ぶ時に出てくる「レイヤー」って何?

絵を描くソフトにはだいたい存在するもので、透明な紙のようなものです。
レイヤーを1枚のみで描いても特に問題ありませんが、分けて描くとそれぞれのレイヤーの中での編集がやりやすいです。
下の画像を見ると、5枚のレイヤーから絵が出来ていることがわかると思います。 
スマホでイラストを描く方法 ibisPaintの編集画面 画像
 
 

そんなこんなで、ブログアイコン完成

ブログアイコン とりあえず完成 画像
 
何かしっくりこないのでgを寄せて、ロクロクジーを右に出してみました。
これらの作業も、レイヤーが分かれているので簡単に移動出来るんですね。レイヤー便利。でも増やしすぎると管理がめんどくさいです。
ブログアイコン アレンジ 画像
 
色がぼんやりしていたのでとっても濃い紺色にしたらビシッと締まりました。
完成したブログアイコン 画像
 
こんな感じです。
今回は、私はこうやってるよ、という簡単な紹介でした。
手描きの絵をデータ化するソフト、絵を描いたり色を塗ったり出来るソフトは他にもたくさんあるのでご自分に合った使いやすいものでやると良いと思います。
 

絵が上手くなりたい人へのおすすめの本

「絵を描きたいけど何をしたら良いかわからない」「絵を描くのが上手くなりたい」という人には以下の本をおすすめします。
こちらの本はまずは〇を描いてみよう!みたいな感じの練習ドリルではありません。
なぜ絵が上手くなりたいのか?どういう絵を描けるようになりたいのか?というところから自分がどのような練習をすれば良いかがわかります。自分の頭の中を紙や画面にそのままアウトプットできると日常の楽しみが拡がります。まずはこちらを読んでみましょう。
 
-----
◆この記事は水野アキが書いてます