読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウォンバットのうきうきくらし手帖

30代技術系OLとウォンバットが送る、日々をうきうきすごすためのヒント集です

Sponsored LINK

おいしいパンには美味しいジャムが欲しい!土佐文旦の果実だけでジャムを作りました

『食』のヒント 『食』のヒント-料理


先日、実家に帰った際に父親からタテルヨシノのパン ド ミを貰いました。

美味しいパンはそのまま食べても良いですが美味しいジャムが食べたい!ということで冷蔵庫に入っていた土佐文旦でジャムを作りました。

レシピはこちらのサイトを参照

ws-plan.com

土佐文旦ジャム(果実のみ)

材料

土佐文旦の果実:お好きな量

砂糖:果実の重さの40%

保存を目的にした砂糖の分量なので、すぐに食べる場合は減らしても良いです。

 

1.文旦の皮をむき、房から取る。土佐文旦は房から果実が取り出しやすいです

66g 果実のみ 土佐文旦ジャム むいた後

 

2.果実の重量の40%の砂糖をまぶし、1~2時間室温で置いておく 

66g 果実のみ 土佐文旦ジャム 砂糖まぶす

 

3.種は一緒に煮るのでだしパックや紅茶のパックに取っておく 

66g 果実のみ 土佐文旦ジャム 種

 

4.砂糖をまぶした文旦を鍋に入れ、火にかけてしばらくたつと水分が出てくるので好みのゆるさになるまで煮詰める

66g 果実のみの土佐文旦ジャム 煮る 

 

5.煮詰まったら煮沸消毒したビンに入れ、蓋をしめて保存

煮沸のしかたはこちらのサイトが参考になります。

d.hatena.ne.jp

 

66g 果実のみ 土佐文旦ジャム 完成

こちらは果実1つ分から出来た量です。

すぐに食べるつもりなので容器の煮沸のみにして、密封はしませんでした。

出来たてを一口味見したら、甘みは少し強いものの酸味と苦味が絶妙なバランスで美味しいジャムになってました。

ジャムを作るのは、煮沸や密封がめんどくさいだけで基本は煮詰めるだけなので簡単です。

すぐに食べるなら密封いらないですし、少量でも作れるのでお好みの果実で、お好みの砂糖の量で作ってみることをおすすめします。