読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウォンバットのうきうきくらし手帖

30代技術系OLとウォンバットが送る、日々をうきうきすごすためのヒント集です

Sponsored LINK

変な人と関わると色んな運が落ち込むし、自分が強く無いとそれをはねのけられないという話

個人 個人-日々の記録


記録も兼ねて。

 

3月下旬、関わり始める

Twitterでフォローをした、とあるアカウント。数日経った頃にフォローバックがありDMが。
自己紹介と世間話を数回やりとり。
 
翌朝、LINEのidを聞かれるが、断る。相手、あっさり引き下がる。
 
 
 

直感は信じるべきだったのに…

微妙にやばい人なんじゃないかと思いつつ、本人から狡さ等は特に感じられない気がしたのでDMがくれば返信。
返信しなくても追撃がくるので若干めんどくさくなってくる。
かといっていきなり人を無視したりブロック等するのは悪い気がしてやりとりを続行。
 
 

だんだんと金運がダウンしてきた気が

三千円シュレッダー事件、飛行機のチケット行き先間違え等、順調に失っていく。
最近注意散漫なのかな、と戒めのためもあり金運についてブログの記事にしてみる。
 
関連記事 

66g.hateblo.jp

 

6g.hateblo.jp

 

 

例のアカウントは順調に大暴れ、そしてついに…

1週間に1回くらいのペースで事あるごとにどこかでお茶やご飯などをしないか誘ってくるアカウント。
理由を丁重に述べて断ってもこちらが悪いかのように拗ねる。
この人私の何なんだ?知らん人時間割くのも勿体無いなーと思いつつも、本当に嫌になったら説明して引き下がってもらおうと考える。 
 
このくらいの時に、自分を追い詰める変な癖があるなーと気づきブログの記事に。
 
関連記事 

6g.hateblo.jp

 

その後、何の脈略も無く電話をするよう言ってくるアカウント。する気は無いので無視していたら追撃が。
DMには電話番号やLINEのidが書いてある。流石に怖くなってきたので、もう関わらないでくださいという内容を割ときつめに書いたDMを送り、フォローを外しアカウントに鍵をかける。
 
 

ここまできたらホラー

すっきりしたなーと思ったのも束の間でした。
翌朝、私のTLに燦然と輝くフォローリクエストの文字。
確認してみるとそのアカウント。
 
この後に及んで仲良く出来ると思っているのか、それとも文句のリプを送りたいのか、どちらにしろ怖すぎる。
リクエストすら送ってこられないようブロック。
 

その後の気になる運気

それまでは仕事以外の副収入も割と安定しており順調でした。
偶然か何なのかわかりませんが、このアカウントに関わってから不注意でお金を失ったり、副収入が途絶えたりと今年一番の落ち込みでした。
すっぱりと関わりを無くしてからは副収入も入ってくるようになり、回復傾向です。
 
その人と関わったから運気が低下、というよりも、現状を何とかしようとするエネルギーがかなり必要で、無意識下でストレスがかかり疲労が回復しないので注意力散漫になった、というのが主な原因なのかもしれません。
しかし副収入に関しては私1人の努力でどうにかなるジャンルの仕事では無いのでオカルト的な事を考えてしまわざるをえません。
 
 

何故、そこまで関わってしまったのか?

私の悪いところです。
相手が自分にとって害をなす人だなって思っても自分に関わってきた以上、自分の言葉で相手に納得してもらおうっていうエゴと、無視したら悪いなっていう変な博愛精神があるんです。
 
 
これのせいでヘトヘトになったのは初めてでは無くて、数年前にもありました。
2度目の経験を経て、同じ言語を使っているのに言葉が通じない相手に対しては無視をするという手段しか無いということが良くわかりました。
そして、そういう人は依存してくるけれど無視されてもすぐに次のターゲットを見つけます。相手をする事がそもそもの間違いでした。
 
 

3度目を無くすために

この人危ないなと思ったら即シャットアウト。知り合いだったとしてもしがらみとか考えずにシャットアウト。
相手に悪いなという思考を持たず、自分のふだんの生活を快適にするため、自分だけのためにシャットアウト。
 
 
自分で書いたものを読み返してみると、DVや共依存や詐欺に簡単にハマりそうな危うい感じがします。
運良く周りには良い人ばかりでしたので、今まで危険な目には遭ってはきませんでしたが、これからも可能性が無いとは限りません。
自分の特性をよく理解して未然に危険を回避できるようにしようと強く思いました。