読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウォンバットのうきうきくらし手帖

30代技術系OLとウォンバットが送る、日々をうきうきすごすためのヒント集です

Sponsored LINK

骨格診断を受けるか否か。迷っている理由を並べてみた

『きれい』のヒント 『きれい』のヒント-ファッション


以前、パーソナルカラー診断を受けて、自分に似合う色に確信が持てたので次は骨格診断を、を思っていましたが、ここへ来て受けなくてもいいんじゃないのか?という気もしています。そこで迷っている理由を書きだして整理することにしました。

 

理由1:自分の体型は自分が一番よく分かっている

自分で洋服を選ぶようになってからかなりの年月が経っています。自分の体型は何が似合って何が似合わないのかわかっているはずです。

診断を受けて、自分でもうすうす感じていたけれどやっぱりそうだったのねと思うくらいの納得具合だったら自己診断でもいいような気がします。

 

理由2:自分がその型だったと診断されてその通りの服を着られるのか? 

私はおそらく、ストレート:ウェーブ:ナチュラルが3:4:3くらいだと思います。診断後にスタイルの見本となる切り抜き等は見せてもらえるとは思いますが、それが自分の好きではないスタイルで、試着をしてみてもしっくりこなかったら、おそらく着ないような気がします。

自分が似合わないと思っている服を着ている時って、帰りたくてたまらなくなりますよね。それに納得いかないものはどんなにお手頃な価格でも買いたくありません。

好きではないものが似合うものだったらどうしよう、という怖さがあります。

  

f:id:ak66g:20150325174622p:plain

 

結論:じゃあどうするの? 

前回、パーソナルカラー診断の予約を受けたサロンに予約はしてあります。コースの内容は髪型と洋服、アクセサリーをトータルでみてもらうものです。

髪型と洋服は切り離せるのでどちらかでもいいかもという気もしています。

 

以前、パーソナルカラー診断を受けた理由は、プロからの客観的な意見を貰いたかったから、というものが大きいです。先ほど理由を並べたてましたが 、絶対に受けたくないという事では無いです。

 

私は今まで個性的なプリンとやデザインの服をたくさん持っていました。そういうものを選ぶ時には迷いは無いですが、ベーシックなものを選ぶ目には自信が無いことも確かです。

仕事着等のベーシックなものを買う時に迷いを無くす目的に受けるのも良いかもしれません。まだ1か月くらいは迷える時間があるので、しばらく迷っておこうと思います。

 

 参考記事

66g.hateblo.jp