読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウォンバットのうきうきくらし手帖

30代技術系OLとウォンバットが送る、日々をうきうきすごすためのヒント集です

Sponsored LINK

いただいた写真を見るとその人の写真への意思が何となくわかる

『くらし』のヒント 『くらし』のヒント-断捨離・整理整頓


先日、写真の断捨離をして思い出したこと。

 

カメラがとても好きで写真を撮るのも好きな知人の方がおりまして、その方からいただいた写真を見ると「えっ何でこんな写真くれるの?」と思う事が何度かありました。

私だけが目をつぶっているとか、私だけが変な顔をしているとかだったら私個人の問題だなって思うんですが、その場に居る人間の8割くらいが目をつぶっていたり、意図せず変な顔になってしまっている瞬間を捉えたりしているものが割たくさんと混ざっていたんです。

 

何でだろうと考えてみた結果、「その人は記録として写真を撮る事が好きなんだな」という結論に至りました。

そうして見ると観光した時の写真にその土地の特徴的な建物や看板の写真があったり、青空の写真があったりと自分だったら撮らないであろう写真があるのにも納得がいきました。

人物写真は誰が写っているかが重要で、その中の人がどんな顔をしているかは興味が無いのでしょう。

66g 写真 断捨離

いただいた写真を眺めていると、この人は人が好きなんだな、とか記録が好きなんだな、とかその人の写真への意思がわかって面白いです。

 

それに気がついてからは微妙な写り具合の写真をいただいても、この人は人の顔に興味無いんだなと思って気にならないようになりました、というお話しでした。