ウォンバットのうきうきくらし手帖

好きなことを好きなだけ

Sponsored LINK

人生がときめく片づけの魔法



断捨離中の身としては読んだ方がいいのかなと思い、読み始めました。

 

近藤麻理恵「人生がときめく片づけの魔法」

 

購入はhonto(http://honto.jp/)にて、以前購入した七つの大罪1~10のポイントで。

同時購入で七つの大罪の11巻も買いました。全てポイントで支払いが出来たので出費はゼロでした。

電子書籍を購入したことで更にポイントがついで残高は700ポイント弱。こうして電子書籍の購入ループが出来るのかな、と思いました。

 

本題です。

私は今までこの手の、マニュアル的な本をほぼ読んだことがありませんでした。そしてほぼ初めて読みました。電子書籍、目がすべるー!

文字の大きさを小さくして、画面を実際の書籍に近い情報量にしたけれど、1ページ分しか表示できないから違和感。

あと、私は片づけの方法が知りたいのであってこの作者の人の生い立ちが知りたいわけではないよ、という心理が邪魔して、イントロダクション的な部分を読むのになかなかの集中力を要しました。

今やっと、片づけるならカテゴリの決まったものからやった方が良い、というところまできています。

 

何かの方法などを提案するものを読む時、それをやった事でどれだけいいことがあるか、という事よりも先に方法を教えてもらいたいと思ってしまうようです。

とはいえ全てのページに目を通して読むつもりです。シャツのたたみ方とかが動画で入っているようなので、収納上手になれたらいいな。この本が私にどんな作用をもたらすか楽しみです。