ウォンバットのうきうきくらし手帖

好きなことを好きなだけ書いてる

Sponsored LINK

ホロスコープで自分の取扱いを知るということ



アストロクリエイターの星野ワタルさんにホロスコープを見てもらいました。

 

ホロスコープとは、地球を中心に水金地火木土天冥海が12星座のどこの位置にあるか書いてある天体の配置図のようなものです。

ホロスコープ イメージ 写真

ホロスコープから何がわかるの?

生まれた時に星がどの位置にあるかを見ると、自分がどの惑星の影響を受けやすいか、自分の得意とすること、苦手とすることが導き出せます。

ワタルさんいわく
「ホロスコープは自分の取り扱い説明書です。取り扱い説明書って目的もなく読むと何が書いてあるか分からないことがおおいですよね? 逆に何が知りたいかを明確にしてそれを元に説明書を開くと大変参考になるものなのです」(意訳)

 

とのことで、わたしは自分の資質や直観力をさらに向上させる方法について聞いていくことにしました。

印象的だったこと

  • 天体が上のほうに固まっているので社会で活躍することで満たされてゆく
  • Mcが土星の影響が強い、ハウスがおとめ座なので完璧主義で心配性
  • 自分で自分の技術にイチャモンをつけてしまいなかなかスタートがきれない
  • 月星座的なことをすると土星の不安感を安心させられる
  • 海王星と冥王星が月に働きかけている配置
  • 万人受けしなくて良い
  • 自分が好きなことをしていても良い 

他にも細かいことが色々ありますが、自覚のあったものもあるし、無いものもありました。

ワタルさんのセッションはセッションの前に自分の現状の把握とゴールを決めて、後半でゴールまで何%になったか?100%にするにはどうしたら良いか?を導いてくださるので、道がわからなくて迷子になっていたところを、やさしく声をかけてもらいながら目的地に着けた時のような安心感があります。

 

わたしが絶対的に信用している東洋の鑑定とワタルさんの占星術、併せて見てみることでそれぞれにあった疑問が補完できて迷う要素がほぼ無くなりました。

ワタルさん、ありがとうございました!

星野ワタルさんのページはこちら

http://hoshino-wataru.com/

webマガジンがわかりやすいです。天体の働きや影響について理解できます。

星野ワタルのEmerald Tablet

-----

◆この記事は水野アキが書いてます